消化器外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 消化器外科 看護師の記事一覧

群馬大学病院の消化器外科の求人へ応募を考えている看護師さんへ

ここでは群馬大学病院の消化器外科で働きたいと思っている看護師さんに向けて情報をまとめてみます。群馬大学病院で働きたいと思っている看護師さんや興味がある看護師さん、参考にしてくださいね。

群馬大学病院とは?

群馬県前橋市にある群馬大学病院。昭和23年に開設された歴史がある病院です。また重粒子線医学研究センターや肝疾患拠点病院、認知症疾患医療センターの役割も担っています。

病床数は713床、職員数は約1500人となっています。26診療科からなる病院であり、看護師がそれぞれの病棟や外来などの部門に配置されています。外来は1日平均約2000人、入院患者さんは平均で625人となっています。

群馬大学病院の消化器外科ってどんな感じ?病棟の看護は何をしているの?

群馬大学病院の消化器外科は消化器外科疾患を担当している消化器外科と肝臓・膵臓・胆のうを担当している肝膵胆外科があります。消化器外科では食道や胃、腸の消化器の悪性腫瘍に対する手術による治療を行っています。また腹腔鏡の手術も行われています。治療方針を決定する際には消化器内科の医師などとカンファレンスを開催し、患者さんに適した治療を行えるように連携しています。

肝膵胆外科では胆石症のような良性の病気を始め、肝臓がんやすい臓がん、胆のうがんのような悪性腫瘍に対する外科的治療を行っています。高齢の患者さんが増えてきていることもあり、消化器外科と同様に腹腔鏡での手術も行っています。

大学病院ということもあり、他の病院では治療ができないとされた患者さんたちが最後の砦として受診し、治療を受ける場でもあるため、高度な技術を必要とした手術を行っています。

そのため周手術期を担当する消化器外科病棟では周手術期の看護はもちろん、放射線治療や抗がん剤治療を受ける患者さんの看護を経験することができます。またパートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を取り入れている消化器外科病棟もありますので、1人で悩まなくてもパートナーと相談しながら業務を進めることができ、安心です。

群馬大学病院の看護師の求人はどんな感じ?看護師の体制は?待遇は?

では、群馬大学病院の看護師の体制や給与はどうなっているのでしょうか。この2つは求人に応募する時にどうしても見逃せない情報ですよね。勤務時間なども併せてここで紹介していきます。

群馬大学病院の看護師の体制はどんな感じ?

休日は4週8休であり、他に年次有給休暇が付与されます。勤務時間は4週に155時間以内の勤務になるようにシフトが組まれています。

群馬大学病院の看護師の給与はどんな感じ?

気になる給与面はどんな感じなのかも調べてみました。新卒の基本給は四大卒の場合209,605円、三年制卒の場合200,026円、二年制卒の場合191,477円となっています。中途採用の場合、この基本給に経験による加算があります。

基本給の他には夜勤手当や通勤手当などが支給されます。ボーナスは年間3・95か月分の実績があります。入職して最初の年は2.62か月分となっています。

福利厚生はどんな感じ?

群馬大学病院は大学病院であることからコンビニやカフェが病院内にあり、看護師さんも利用することができます。また子育て中の看護師さんにとってありがたいのが病児保育や延長保育をしてくれる院内保育園があることです。

そして白菊会と呼ばれる看護師の自治会があり、イベントを開催しています。60年以上の歴史がある自治会で、看護師間の交流を図ることを目的として活動しています。病棟でチームを作り対抗戦を行うボーリング大会はとても盛り上がり、団結も深まるとのこと。

群馬大学は伊香保や草津などに学外施設を持っています。その学外施設を利用することもでき、温泉や観光、ハイキングなどを楽しむことができます。

また働いていてもっと専門性のある看護を勉強したいと思った時に群馬大学の大学院を受験し、通学することができます。専門看護師の育成科目も有しているため、キャリアアップをしたいと思っている看護師さんにはぴったりです!

群馬大学病院の看護師の教育体制はどんな感じ?

群馬大学での看護師におけるキャリアパスは「クリニカルラダー」「院内キャリアアップ制度」「目標管理」の3つを大きな柱として看護師を育てる環境になっています。

クリニカルラダーは1年目でレベル1を、3年目でレベル2を、その後ジェネラリストであるレベル3を取得することを義務付けています。看護師にとっても自分のあるべきレベルが分かるクリニカルラダーは目標設定にもなり、自分がなるべき看護師像をイメージするのに役立っています。

院内キャリアアップ制度では専門看護師や認定看護師の講義を聞く、事例研究を行いレベルアップしていく制度です。糖尿病看護や皮膚排泄ケア看護、がん看護、実習指導者コースがあり、それぞれコース3までレベルが設定されています。

新卒看護師に対してはプリセプター制度を行っています。新卒看護師1人に対して1人のプリセプターが付きます。そしてマンツーマンで看護の業務の流れを指導すると共に良き相談相手としての役割を果たしています。また新卒看護師を対象とした研修を1年間通して行っており、3月には看護過程を展開した事例発表を行っています。

他にもスキルラボセンターが設置されており、静脈注射の実習ができるものや心電図などを学習できるフィジコ、急変時の対応を学ぶALSシミュレーターがあるので新卒看護師はもちろん、ブランクがある中途採用の看護師にとってもスキルを身に付けることができ環境です。

群馬大学病院の消化器外科で働きたい!求人に応募するにはどうしたらいい?

ここまで群馬大学病院の求人に応募したい看護師さんのための情報をまとめてみましたが、いかがでしたか?スキルラボセンターがあるため、ブランクがある看護師さんや看護技術に自信がない看護師さんにとっても不安解消の材料の1つになりますよね。

「群馬大学病院で働きたい!」と思ったらまずは資料請求からしてみましょう。そして履歴書などの必要な書類を準備して郵送するか直接持っていきましょう。採用試験は書類選考、面接、小論文となっています。年に3回採用試験が群馬大学病院で行われている他、就職説明会も年に2回行われていますので参加してみましょう。

もし「群馬大学病院もいいけど、他にもいいところないのかな…」と感じているのであれば転職サイトを利用しての情報収集をしてみませんか?転職サイトは転職する看護師さんのためだけではなく、再就職を考えている看護師さんにも役立つ情報がたくさんあります。

特に転職コンサルタントが担当してくれますので、直接聞きづらいこと(給与のことや人間関係などなど…)も気軽に相談できる頼れる存在を得ることができますよ!また先に先に入職している看護師さんに内部の様子を確認していますので、より具体的に就職後のイメージを持つことができます。

1人では絶対に得られない情報はもちろん、手間や時間も節約できる転職サイト。これから再就職をしたいという場合にはぜひ利用してみて下さいね。

消化器外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 消化器外科 看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る!