消化器外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 消化器外科 看護師の記事一覧

消化器外科の看護師が転職する(辞める)理由と転職のチェックポイントを徹底解説!

消化器外科のように手術が多く、毎日バタバタとしている病棟に勤めていると「辞めたい」と思うことってありますよね。忙しいのに加えて人間関係などの他の理由も重なったら…すぐにでも転職したいと思うのでは。

でも「看護師の仕事を続けたい!」と思っているのなら消化器外科でのスキルを活かして他の科に転職するのもいいですよ!消化器外科は結構広い範囲のスキルが身に付いていることが多いため(ただし、個人差アリ)他の科でも活躍できるかも!

せっかくの消化器外科でのスキルを活かして他の科でも活躍してみたいと思った方へ、転職理由あるあると一緒に転職する時のポイントも解説しちゃいます!

目次 [目次を隠す]

消化器外科の看護師が辞めて転職するお話

つら子(28歳)は消化器外科に新人の頃から勤務しています。今年で6年目を迎えました。そんなつら子はなかなかゆっくりと患者さんと話しができずに悩んでいるようでした。その姿を見た先輩のなぐ美(30歳)は…

なぐ美「最近、つら子元気ないじゃん。どうしたの?」

つら子「最近バタバタしてて、患者さんとゆっくりと話しができないんですよね。それがつらくて…」

なぐ美「そうだよね、緊急手術もいっぱいだったしね。でも消化器外科だから仕方なくない?」

つら子「それはわかっているんですけど…忙しい割には給料が少ないし、何にもいいことないからもっと暇そうな病院に転職しようかなって思っているんです。」

なぐ美「そうなんだ。確かにこの忙しさでこの給料は…ね…」

つら子「私、この間盲腸で入院していたAさんがめっちゃ好みだったんです!けどバタバタしてて話が満足にできなくて…それが今辞めたい理由の大きな1つです!」

なぐ美「え…そこなんだ…」

つら子「もっと暇そうな病院に転職して、若い患者さんと仲良くなりたいな~。私たちもいい年ですもんね!」

なぐ美「あ…うん…」

つら子は自分の気持ちを吐き出したせいか、元気に帰って行きました。なぐ美は「私だって好きでここまで独身じゃないんだよ!」と怒りつつも悲しい気持ちになり、家で一人お酒を飲みました。結局つら子は転職したものの、彼氏GETまでは至っていません。

消化器外科の看護師が転職する(辞める)理由はこの4つ

消化器外科の看護師が転職する、辞める時の理由にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。この理由はもしかしたら消化器外科の看護師だけではないのかもしれません。私が消化器外科の時に経験した周りの看護師が辞めた理由を思い出しながらまとめていきます!

忙しすぎて疲れが取れないから辞めます!!

人間には疲労のピークがあります。特に不規則な勤務をしている看護師は身体の中のリズムも狂いがちになり、なかなか疲れを取ることができません。合わせて夜勤などをした後寝ようと思っても気持ちがハイになっていて興奮していることも。

そうすると眠れずに疲れが解消されないまま次の勤務へと進んでいくことに…

消化器外科でもこの理由で辞めていく看護師が結構いました。しかも意外にも若い看護師に多かったような感じがします。また大きな手術が立て続けにあった時は家に帰ってからもモニターの音が聞こえるような気がして気持ちも休まらずにつらかった記憶が…

また夜勤明けのハイな気分のまま出かけて事故を起こすケースもあり、そうなってしまうと辞めざるをえない状況になってしまう看護師もいました。

給料が忙しいわりに少なくない?もっといい給料のところに転職しま~す!

これも看護師ならあるあるの辞める理由の一つでは。看護師は夜勤手当などを入れるとそこそこ給料がいいはずなのですが…そうではないところもたくさんあります。給料ベースが年功序列で勤務すればするほど昇給していくところと最初から高い給料を設定しているところなど…

同じ地域でも給料の設定は全く異なります。特に消化器外科は毎日忙しいため、その忙しさに見合った給料がもらえていないと感じることも多々あります。というか常に感じてました!特に新卒で入職した時は夜勤をしても「え…これだけ…?」のように給料日のたびにため息が…

そして忙しさのあまりストレスが溜まるため買い物で発散するのですが、すぐに給料がなくなりひもじい生活を送るのです(笑)

また隣の芝生は青く見えるという言葉がありますが、本当にその通りで同じ地区の病院の求人を見ては「(*´Д`*)うらやましい…こんなにもらえたらもっと仕事頑張れるかも」と妄想に励んでいました。

ゆっくりと患者さんと関われないから、もっと話を聞くために他の科に転職します!

消化器外科は手術を目的として入院をしてくる患者さんばかり。そして多くは手術数日前に入院してきて術後元気になれば退院、という他の科ではあまり考えられないスピードで進んでいきます。

看護師もそのスピードに乗りどんどんと仕事をこなしていくのですが、患者さんと向き合う時間があまり取れないのが現実です。また元気な患者さんも多く、自分で何でもしてしまうような感じだったので看護師の手もあまりかからないことも多かったような気がします。

そうすると必然的に「あの患者さんたちは元気だからお任せしよう」となり、重症の患者さんのところにかかりきりになることも。そうすると患者さんの話をゆっくりと聞けるタイミングが取れずに、受け持ちでもあまり話さないまま退院してしまうこともありました。

「患者さんとゆっくり話をしたい」という気持ちは看護師なら誰にでも(コミュ障ならないかも)あるのですがそれができないのも消化器外科の特徴です。そうすると「もっとゆっくりと話しができる科へ…」と転職してしまうことも。

先輩が怖いから…人間関係最悪です…辞めます…

消化器外科だけではないような気がしますが…私が勤務していた消化器外科はお局を中心とする看護師がめちゃくちゃ怖かったです!あり得ないくらいに。特にお局代表はかわいがる後輩を決めて後の看護師には厳しいわけですよ!

ホントあり得ないくらいに怖かったし、むしろ辞める人もいました。確かにできる看護師を好んで(実際そのお局もかなりデキる看護師でしたが)かわいがるというのはどうかと思いますけどね。

私の同期は入職からそのお局に目を付けられてかなりやられていました。でもそのお局の周りにいた看護師はほぼ結婚したのですが、お局だけは未だに独身らしいです(笑)

消化器外科の看護師が転職する場合にはこのチェックポイントを参考にしてみたら

消化器外科から転職したいと思っている人の中には「私には消化器外科が天職だわ(。-`ω-)」と思っている場合と「消化器外科より他の科の方がいいわ」と思っている場合がありますよね。

そんな時にどこに注意して転職をすればいいのか考えてみました。参考になれば嬉しいです!

今よりも忙しくなくて給料がいいところに転職したい場合

今よりも忙しくなくて給料がいいところに転職したい場合、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

消化器外科から消化器外科へ転職する場合

今の消化器外科は給料が忙しさに見合ってないからもっと給料がもらえるところに…と思っている場合に転職先の給料をまず確認します。そしてその給料に見合った忙しさなのかどうか確認しましょう。

その時の指標となるのが病院のホームページなどに掲示されている手術の実績です。手術の実績を見ればどのくらいの大きさの手術が何件くらい行われているのかと言うのを知ることができます。

そうすると必然的に忙しさなどを知ることができます。そこに合わせて看護師の人員体制を確認することで忙しさが大体イメージできるのでは。イメージできた忙しさが提示されている給料と見合っているかは自分自身の感じ方になります。

この場合は看護師としてはとても魅力的な転職になります。だって今よりも忙しくなくて給料がいいなんて割が良くて最高じゃないですか?

消化器外科から違う診療科や分野に転職する場合

消化器外科の忙しさに見合っていない給料に不満があり転職をしようとしてる人はきっと消化器外科以外の科へ転職を希望しますよね。その場合にはまず給料を見ると思うのですが、高いからいいというわけではありません。もしかしたら消化器外科と同じくらいの忙しさの科かもしれませんし…

また今介護業界でも医療業界と同じく看護師が不足しています。介護業界では看護師に対し結構いい金額の給料を提示しているところが多くあります。もし病院にこだわらないとなれば比較的給料ベースの高い介護業界への転職もいいかもしれません。介護業界でも消化器外科の知識はかなり役立ちます。

医療処置にこだわらないなら美容外科もおすすめです。特殊な科であり自分自身の美意識も求められますが…実際に美容外科の看護師さんは若くて(何か整えているかもですが(笑))きれいな人ばかり。

そして給料が良いところが多いです。医療処置がないのに給料がいいってありがたいばかり。しかしもしかしたらコスメなどの販売もしていて(ノルマもあったりして)消化器外科や病院の看護師とは違う何かがあるのかも。

もし消化器外科みたいな医療を求めないのであれば美容外科もおすすめです。どんな分野に転職するにしても今より忙しくなくて給料が多かったら…看護師は結構飛びつく案件のような気がします( *´艸`)

今よりも忙しくてもいいから給料がいいところに転職したい場合

今よりも忙しくてもいいから給料がいいところに転職したい場合、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

消化器外科から消化器外科へ転職する場合

ここは上記と同じように転職したい病院の給料を確認します。そして消化器外科の手術実績を確認します。そこで手術がどのくらい行われているのかなどをチェックし、自分が考えている転職の希望に合っているかで決めましょう。

また時間外手当などもしっかりとチェックしましょう!給料が良ければ忙しくてもそれなりに割が良く、給料と見合っているということになりますよね。

消化器外科から違う診療科や分野に転職する場合

訪問看護も忙しいけど給料が高いところです。訪問看護は1人で利用者さんの自宅を訪問し、必要な看護処置を行います。消化器外科での経験があればできると思います。

訪問看護は給料ベースが高めです。夜間帯も対応している訪問看護であれば忙しいですが、その分夜間手当ももらえて給料も高くなります。

今よりも給料が安くてもいいから忙しくないところに転職したい場合

今よりも給料が安くてもいいから忙しくないところに転職したい場合、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

消化器外科から消化器外科へ転職する場合

忙しくない消化器外科があるのかは疑問ですが…もしかしたら小さな規模の病院で行っている手術も小さいものばかりであったら忙しくないかもしれません。『給料がいいところへ転職したい』時と同じように病院の情報から判断してみましょう。

そして消化器外科がいいとなれば、手術件数はもちろん、手術の規模や人員配置をしっかりと確認しましょう。そうすると忙しくなく給料もそれなりにはなりますが、給料は見合っているとも言えるような消化器外科に出会えるかもしれませんね。

消化器外科から違う診療科や分野に転職する場合

『給料が安くても』という条件であれば様々な転職先が見つかりそうです。そして忙しくないところへ転職を考えるのであれば、クリニックや病院の外来、検診専門の施設などはどうでしょうか。

しかししっかりと調べなければ忙しいクリニックなどに転職することになり、意味がない転職になってしまう可能性もありますので事前のリサーチは確実に行いましょう。そしてそういうところって意外とお局(と言うよりもおばあちゃん…?)みたいな大ベテランの看護師が居座ってそうなイメージがありますが( ゚Д゚)

人間関係がもっといいところに転職したい場合

人間関係がもっといいところに転職したい場合どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

消化器外科から消化器外科へ転職する場合

消化器外科ではどちらかというと性格がきつい人が多いような気がします。それは消化器外科という科の特徴なのかもしれません。そうなると消化器外科に転職するとした時も人間関係が微妙な感じの場合も考えられます。

人間関係に関しては実際に勤務してみないと分からないところもありますよね。そういう時には病院見学をしてみたらいいかも。「消化器外科で働きたいんです」と言えば、消化器外科の病棟を見学させてもらえると思います。

また他の方法で人間関係を見るなら病院見学を公式にせず、覆面調査的な感じでお見舞客を装って看護師の雰囲気などを見てくるのもいいかも

人間関係はだいたい雰囲気で分かることが多いので、ぜひ見学をしてみるのがおすすめです。

消化器外科から違う診療科や分野に転職する場合

消化器外科の人間関係に疲れた…とお悩みの方、どちらかと言うと看護師よりも介護士の方が活躍している(別に看護師が活躍できないわけではないのですが…)介護の分野も転職先の候補に入れてみたらどうですか?

病院とは違い、どちらかと言うとアットホームな感じで仕事ができます。人間関係もあまり悪くないところが多いと思います。しかし、注意しなければならないポイントとして介護士と看護師の仲が悪いところは避けるということが挙げられます。

介護業界って介護士が中心に回っていますので看護師に対して「威張ってばっかで何もしない!」「介護のことを何も手伝わないくせにむかつく!」という感情を持っている人もいますよ…

確かに介護業界は生活の場であるところが多いので看護師よりも介護士の方が主役だと言えるのでそれをわきまえられる看護師ではないと介護士から総スカンを食らう場合もありますので注意してくださいね。

ゆっくりと患者さんの話が聞きたいから転職したい場合

ゆっくりと患者さんの話が聞きたいから転職したい場合、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

消化器外科から消化器外科へ転職する場合

今の消化器外科では患者さんの話があまり聞けないからもっと聞ける余裕のある消化器外科へ転職したい、と思っている人。同じ消化器外科でも人員配置が多いところに転職すればもっと患者さんとのコミュニケーションが取れるかもしれません。

また、クリティカルパスを導入していて看護師の業務が整理されている消化器外科や看護助手のような看護師をサポートする職種が積極的に入っているかということも忙しさの指標になるのでは。

そういったところを確認しながら転職すると患者さんとゆっくり話ができる消化器外科への転職ができるかも。

消化器外科から違う診療科や分野に転職する場合

患者さんとゆっくり話がしたいと思って転職する際には内科系の病棟や緩和ケア病棟なども視野に入れてみてはどうでしょうか。内科は比較的ゆっくりしていますし、病気によっては説明したり指導したりする時間を取っているところもありその時間を活用すれば今よりも話をする時間は多く取れます。

そして緩和ケア病棟では話を聞くということはとても大切な看護の仕事の1つでしょう。「話をゆっくりと聞きたい」と思っている看護師にはぴったりかもしれません。しかし緩和ケア病棟は他の病棟とは違うこともたくさんありますので向き不向きが大きいところであると思います。

まとめ

消化器外科で働いていると毎日バタバタしていて仕事が終わった後も緊張が取れないこともありますよね。そして寝ようと思ってもモニターの音が聞こえてきたりして熟睡できずに疲れがたまりっぱなしになることも…

それでは精神的にも参ってきてしまいます。そして肌荒れなどのトラブルを生じさせてしまうこともあり女性にとってはあまりいい環境ではないのかもしれません。もちろんしっかりとお手入れをしている人は肌つやも良く、夜勤でもメイクバッチリですけど…

メイクバッチリでも夜勤が忙しすぎてメイク直しができない時の悲惨さは看護師にしか分からないのかも。そして逆に日勤の時はメイクバッチリなのに夜勤ではノーメイクで「あんた、誰Σ(・□・;)」というパターンも。

看護師の必需品のマスクで顔を隠し、見えている目だけをメイクするのも看護師あるあるなのかも。

話しが反れましたが、どんな理由で在れ転職を考えた時にはまず何をしたらいいかわかりますか?求人雑誌を見る?ハローワークに行く?それとも…転職サイトに登録する?この中で転職サイトが思い浮かんだ方はきっと希望するところへの転職ができますよ!

上記でも消化器外科から消化器外科へ、消化器外科から他の科へ、消化器外科から介護へ…といろいろなパターンでの話をしましたが、どのパターンでも転職サイトを利用することでスムーズに希望通りに転職できます。

また自分のために転職コンサルタントが付いてくれるので希望する条件や分野を伝えるだけでOK!豊富な情報を持っている転職コンサルタントが希望通りの転職先を何件も見つけてくれます。

そしてその希望する転職先に先に転職している看護師から話しを聞いているのでなかなか分かりづらい中の情報も入手できますよ!これは自分で転職活動をしていてもできないことですよね。

ぜひ、転職コンサルタントという味方を付けられる転職サイトを有効活用してくださいね!

消化器外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 消化器外科 看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る!