消化器外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 消化器外科 看護師の記事一覧

名古屋市立大学病院の消化器外科の求人に興味がある方への情報です!

愛知県名古屋市にある名古屋市立大学病院。名古屋市の中心にあり、気になっている看護師さんも多いのではないでしょうか?。今回はこの名古屋市立大学病院について、詳しく調べました!

名古屋市立大学病院とは?

名古屋市立大学病院は昭和6年に名古屋市民病院として開設された病院です。その後昭和25年に現在の名古屋市立大学病院と改称され、現在に至っています。

診療科目は28診療科であり、病床数は808床となっています。看護師の総数は786人、看護師の平均年齢は30歳7か月となっています。

名古屋市立大学病院の消化器外科ってどんな感じ?病棟の看護は何をしているの?

名古屋市立大学病院の消化器外科は消化器疾患全般を担当している診療科です。がんなどの悪性の疾患はもちろん、鼠径ヘルニアのような両性の疾患の治療も行っており、幅広い看護が経験できます。

食道や胃などの上部消化器外科、腸などの下部消化器外科、肝臓や胆のう、すい臓などの肝胆膵外科に分けられています。他にも外傷などの治療を行っています。主な疾患は胃がんや大腸がんであり、手術による治療の他にも抗がん剤治療も行っています。

また名古屋市立大学病院の消化器外科では腹腔鏡を用いた手術も積極的に行っています。主に腹腔鏡では胆のう摘出術を行っていますが、他の悪性疾患にも徐々に対応してきています。

名古屋市立大学病院の看護師の求人はどんな感じ?看護師の体制は?待遇は?

さて、名古屋市立大学病院の看護師の体制や待遇はどうなのか、気になりますよね。給与はもちろん、看護体制も働く上で大切なポイントになります。また福利厚生が充実しているとオンオフの切り替えができ、楽しく働くことができますよね。

名古屋市立大学病院の看護師の体制はどんな感じ?

では名古屋市立大学病院の看護師の体制はどうなっているのでしょうか。消化器外科を含む一般病棟は7:1看護です。精神科病棟は10:1の看護体制になっています。

病棟は20単位あり、その他外来や中央手術部や外来化学療法室などの部署に分かれて配置されています。消化器外科病棟は一般外科と共通病床と一緒であり、41床になっています。看護師の他にナースエイドや病棟クラークが働いていますので、看護師は看護に集中できる環境になっています。

そして毎日カンファレンスも行われています。もともと「外科看護を学びたい!」と思っている看護師さんが集まっていますので、同じ目的を持ちながら働くことができ、スキルはもちろん、看護師として人として成長することができますよ。

消化器外科の病棟であるため、ほぼ毎日手術が行われています。そのため周手術期の看護の経験を積むことができます。他にも痛みをコントロールする目的の患者さんやターミナル期の患者さんが入院しています。それらの患者さんの看護を経験することもできます。

名古屋市立大学病院の看護師の給与はどんな感じ?

最も気になるポイントの給与。名古屋市立大学病院の給与はどの程度なのでしょうか?新卒の給与ベースは四大卒の場合300,000円、三年制卒の場合292,000円となっています。看護経験がある場合には職歴加算がありますので、ブランクがある看護師さんや転職する看護師さんにとってはありがたいですね。

ちなみに夜勤手当は準夜勤が1回5,900円、深夜勤が1回6,000円となっています、月に深夜勤と準夜勤を計8回行っています。二交替の夜勤は月に4回あり、1回11,900円となっています。他にも賞与が年2回、約4か月程度支給されます。通勤手当や住居手当などの支給もありますよ。

福利厚生はどんな感じ?

名古屋市立大学病院の福利厚生はどのようなものがあるのか調べてみました。子育て中の看護師さんの場合にありがたいのが保育園です。大学キャンパス内に設置され、日勤の時に保育をする他に夜間保育も行っていますので、夜勤をしながら子育てをするということもできますよ。

また看護師宿舎も完備しています。ワンルームのマンションであり、新生活を始める時にアパートなどの住居を探さなくてもOKですので助かりますよね。他にも院内イベントが開催されていることや職員間のチームワークを深めるためのイベントも行われています。

名古屋市立大学病院の看護師の教育体制はどんな感じ?

名古屋市立大学病院では、クリニカルラダーを用いた看護師向けの院内研修を実施しています。同時に専門看護師や認定看護師によるセミナーも行われていますので、より専門性のある看護を学ぶことができます。年に1度看護研究大会も開催されており、名古屋市立大学看護学部と共同で看護研究を行うこともできます。

またe―ラーニングができる環境も整っています。看護師の経験を積み、専門性の高い認定看護師や専門看護師の資格を取得したいという看護師さんに対しては在職しながら学ぶことができるようにサポート体制があります。

新卒看護師に対してはプリセプターが必ず付きます。そして1対1でサポートすると同時に病棟全体で、チーム全体で新卒看護師を支えています。月に1回、必ず振り返りシートを用いてチーム全体で新卒看護師の振り返りを行っていますので、成長レベルを共有し、指導することができます。

入職して1年間は全体での研修も開催しています。医療機器の取り扱いや看護技術の再確認などを研修し、同期で一緒に学ぶことができます。そして名古屋市立大学病院には臨床シミュレーションセンターも完備しているため、新卒看護師などが臨床さながらの研修を行うことができ、スキルアップできる環境になっています。

名古屋市立大学病院の消化器外科で働きたい!求人に応募するにはどうしたらいい?

ここまで名古屋市立大学病院の看護師についてまとめてみましたが、いかがでしたか?看護師をチームで育てようという志が強く感じられる病院ですので、新卒で経験がない看護師さんやブランクがある看護師さんにとっては働きやすい環境です。

名古屋市立大学病院で働きたいと思っているけど、他の病院も気になるなという看護師さんはぜひ転職サイトを利用しましょう。転職サイトは転職のためだけにあるわけではありません。再就職をしたい看護師さんや、卒業したら他の地域で働きたいと思っている学生さんにとってもとても役立つものです。

特に転職コンサルタントと呼ばれる担当が付いてくれることが強みです。「経験があると加算されるみたいだけどどれくらい加算されるのか他の病院と比較してみたい」という直接病院側に聞きづらいことも転職コンサルタントになら気軽に相談できます。

そして転職コンサルタントは先に入職している看護師さんに実際の情報を確認していますので、より内部の情報を得ています。その情報をもとに希望する病院を比較し、よりあなたに合っている病院で看護師として働くことができますよね。

これから転職しようと思っている看護師さんや再就職をしようと思っている看護師さん、学生さんもみんな転職サイトを利用してみて下さいね!

消化器外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 消化器外科 看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る!